ひつじの窓

メンヘラちゃん。春休みなので再開

今年の目標2019

目立たなくても、日陰の住人でありつつも、淡々と力をつけて周りを幸せにできるような魔法使いになること。

童貞じゃなくても魔法使いにはなれるってこと証明してやる。(なんかもうよく分からないので自由に書かせてくだされ)

天才とは程遠く、努力しても自分には届かない場所が殆どで、そんなこんなで諦め癖がついてしまったので、人生100年時代なら今から頑張り癖をつければまだみんなが到達出来ない場所に行けるようになるかなっていう。

ネバーランド行きたいなー…というか行く過程のあの自分の住んでる町の上空飛んでるときが1番楽しそう。

私大最難関薬学部かつ大学内でも断トツの偏差値であった私の学科は共立薬科が慶應に吸収されたことにより、そして薬学部人気が落ちているのか時代の流れも相俟って情報や建築と肩を並べるようになり、一部の教授も学生に偏差値低迷を嘆くほどになっている。

焦りが伝わってくる。

私の入学当初はまだ慶應を蹴ってくる人、早稲田の先進理工や私のように国立蹴りもいたのだが、これからどうなっていくのだろう。

偏差値が下がる理由は何なのか。

私はこの学部が嫌いで、この学部の教育は何かおかしいのではないかと思い文部科学省の門を叩いて2週間ほどインターンに行ったこともある。

いつのまにかそんなことも忘れ、嫌いなものは嫌いと薬剤師としての進路を自ら断った。

もともと嫌いだったのが更に悪化しただけという謎の6年間だった。

大学は嫌いじゃないけどね。

むしろ楽しかったことも多いよ。

この学部に入ると進路の選択肢が極端に少ないこと、薬剤師として働くということに対して希望を持てないのにもかかわらず進路の視野を狭くしか見積もれない人が多く、諦めて薬剤師となる人も多いように感じた。

偏差値がどうのこうのってやっぱり高校生にとってその学部の魅力を表す一つの尺度だと思うんだけど、私の大学のこの学部に足りないことって何なんだろうと考えた時に、もっと学生がわくわくしながら楽しく学問を追究できる環境なんじゃないかなって思う。

薬学部出て薬局や病院で働くにしても、製薬メーカーやCRO、PMDAで働くにしても(ここまでで大半)、そうじゃなくても。

私が高校生でもう一度この学部選ぶかって言われたら多分高確率で選ばない自信がある。

でもだからこそ!

だからこそ、この薬学部を卒業するからには、(私は今のところ全く関わる予定はないけど)学部の壁を超えて活躍したいし、でもそれは必ずしも目立つことじゃなくてよくて、だけどもうちょっと薬学部にいるけど薬剤師も薬学もやだどうしよう泣って人にも希望を持ってもらえるような道を開けたらいいななんて。

実は就活でも「なんで薬学部なのにウチなんですか???」は絶対聞かれて嫌だった。

何で専門学部出たらその道しかないみたいな環境作るんですか?(オコ

って感じで就活を終えたので。

で、私のダメなところ!!

やりたいことがあっても行動と努力が伴わないところ!!!!

本当これ!!

マジでどうにかせねば…

ということで今年は頑張っちゃうぞ〜

下積みだー

とりあえず全然関係ないけど、食品安全検定の中級は取ろう。3月ね。余裕だろ。。満点とりたいなぁ(成績優秀者になりたい✋

その前に国試も!!!

ホテル予約してないのでもう会場八王子になったら私ラブホに泊まろうと思ってる。

ふふ笑

そう考えると楽しいしね。

使いたくない資格だけどね、やっぱり色々どうにかしたいからね!!笑

あーあー私の入る学校軒並み偏差値下がってて本当どうした笑

小学校もはや閉校しちゃったし笑

いやはや頑張りましょ。

理科大にも薬学部にもプラスになる人生歩んで恩返ししちゃうぞ🕊いえい!!

f:id:yamayuri1125302:20190105205204j:image