ひつじの窓

物語とか思ったこととか

メンヘラ同級生がどうやら遠距離しているらしい

と、某SNSで知った。

会社同期だと思うけどこの前わざわざドイツまで会いに行ってたのを知り、メンヘラの恋のパワーすごいと思った。

しかも以前の私と同じく行ってもフリーの会えない時間あるし、それが海外であってもそうなのかと思うと結構寂しいけど会えた時の喜びは半端なさそう。

実際私以上に拗らせていて親近感しかない。

泊まると今でも

「あれ私今大阪にいるのかな?」

と思っちゃうし、

「東京じゃん。」

と我に返っても別れる時めちゃくちゃ寂しい。

嬉しくも悲しくも東京だからそのまま大学に行けてしまう。

距離がちょっと微妙で都内のキャンパスだったら良かったのにと残念がる。

でも気づいたら冷静になって真顔で帰る支度してるし客観的に見て本当におかしい。

泊まると凄く夢の中にいるみたいな気分になるから現実の厳しさを増し増しで感じる。

ディズニー帰りみたいな。

非日常だからこそ楽しい今がいつか日常になってしまい、何も感じなくなるのもとても悲しいけど、普段会えないのも寂しい。

夜寝る前が1番好き。

暗くなると本性を露わにする私。

普段全く甘えたりしないから自分でもおかしくなるけど、自分の幼稚園生とか小学生の頃の甘えそのまんまやなと思う。

退行か…?と思い真剣に知恵袋を漁った。

大人もみんな子どもなんだと思い安心した。