ひつじの窓

物語とか思ったこととか

ATMに会った

少しイライラしてしまったので投稿

 

もう会うことはないと思う。

 

それは単純に、会う理由がもうないからであって別段何かあったわけではない。

 

ATMはひと昔前に私が好きになりかけた人で、同じ塾に通っていた。

 

私が彼を好きだったのは中高時代であり、大学生になってからは全く好意を抱くことはなくなった。

 

先々月久々に会ったのを機にもう一度会うこととなる。

 

正確には、お土産を買ってきたから渡したいということで呼び出された。

 

忙しい時期だったので正直会う時間が勿体無いと思っていた。

 

2回も予定を変更し、先伸ばしていたことは内緒だ。

 

昔はあんなに好きだったのになぁ、、、

 

そんなことを考えると悲しくなるほどに今の彼を全く好きとは思わないし性格も合わない。

 

好きだった、と言えば聞こえはいいかもしれない。

 

でも本当は、なかなか連絡をしても返信をしてくれずに軽率に扱われていたことに対してとてつもなく傷付き引きずっていた。

 

いつか見返してやる、と何度も思っていた。

 

そんな彼は、私によく結婚の話題を振ってきた。

 

30までに結婚しないと親がお見合いの話を持ってくる。

 

お見合いは避けたい。

 

などなど…

 

結婚かぁ。

 

今時結婚を迫る親は珍しいなと思いつつ話を聞いていた。

 

なかなか彼女ができないことに悩んでいるようだったので、原因を探ってみようと思い、様々な質問をした。

 

結論から言うと、自分の趣味(ゲームや旅行)を何よりも優先しようとしていること、何だかんだ理由をつけては自分に彼女ができないことを正当化していることだと思った。

 

あぁ、これじゃ彼女出来ないよね。

 

そう誰もが思えるような言いっぷりで、私はここで少しイライラしてしまった。

 

そんなことより何より、最も私の琴線に触れたのは結婚相手に求める条件にお金に不自由していないことを挙げたことだ。

 

私「えっ、それは家庭が貧乏な人が無理ってこと?それともその人自身がってこと?」

 

ATM「どっちもかな。いやぁ、やっぱり相手のせいで自分の家まで貧乏になるのは困るからね。」

 

私「うーん、貧乏な子のことを幸せにしてあげようとかそういう方向には考えないの?」

 

みたいな会話をした。

 

そして、

 

ATM「うちはいとこも兄弟もいないから遺産が集中するんだよね。軽く億は超える。」

 

とか言い出す。

 

お金持ちなのは知ってる。

 

この前教えてくれたから。

 

でもさ、そのことを何回も言わないで欲しい。

 

お前が稼いだお金じゃないだろ???

 

こんなことを言ってはかなり失礼なのだが、彼は私の内定先の下部組織勤務で、給料も私以下がほぼ確定している。

 

それなのに、自分の家が如何にお金持ちの資産家なのかと言うことを自慢してくるのだ。

 

終いには、

 

奨学金勢は卒業旅行に30万かかるから高いって言ってなかなかここに一緒に行ってくれる人が見つからない。あれ私ちゃんは奨学金だったっけ?」

 

とか聞いてくるのだ。

 

奨学金かどうかなんて、そんなこと聞いてくるな。

 

というか奨学金の人に対してそういう目線で見てるの?

 

ほんと無理…

 

いい加減にして。

 

家がお金持ちかなんてどうでもいいでしょ???

 

なんで?

 

私はそこまで裕福な家庭に育っていない。

 

だから将来は絶対にちゃんと稼ぎたいと思ってるし、そこは譲れない。

 

自分が辛さを感じたから。

 

辛いって何度も思ったから。

 

彼は、本当に何一つ不自由してないんだなと思う。

 

家が裕福なことはとても素晴らしいことで、尊敬されるべきなのかもしれない。

 

だけど、やっぱり辛い思いをしていた身としては許せなかった。

 

彼は私のことを将来の結婚相手の候補としようと思っていたのではないかと思う。

 

でも、私は全くもってそんなつもりもなく、さらに今回の件が拍車をかけたのは言うまでもない。

 

彼には散々辛い思いをさせられたから、いつか絶対に見返してやる。

 

そう思っていたことをふと思い出し、今がその時なんだなって思った。

 

中学受験までは彼の方が凄かったけれど、大学受験と就職先では彼に負けることはもうなかった。

 

恋愛に関しても、私はああいう怠惰な人は無理だと思ったし、私自身も完璧からは程遠い恋愛しか出来ていないけれど、それでも絶対に彼氏…そして旦那のことは全力でサポートしたいと思ってるし、素敵な家庭を築いていきたいと思ってる。

 

ATMは所詮ATMだったんだなと思った。

 

そして、彼の考え方がこうなってしまったことは少し悲しかったけど、彼にもいつか素敵な女性に巡り会って素敵な恋愛をして欲しいと思った。