ひつじの窓

物語とか思ったこととか

幸せになるのが怖くて、誰かを本当に好きになるのが怖くて、自らの手で終わりを告げることが快感で、不幸な自分に酔っている惨めな自分が一種のステータスになりはじめている。

 

という建前で本当は恋愛自体がかなり面倒くさいと思っているのと、別に独り身でも問題ないとあまり口には出さないけど本当は心の何処かで思っている。

 

 

とか言いつつ資産運用したくなったり婚活パーティーについて調べたりしちゃうくらいには将来に不安がありまくり。

 

資産運用は友達の影響でしかない。

 

婚活は焦る。。ティンダーでスワイプしてるだけがどれだけ気軽な出会いだったのか…ってなりそう。

 

やだやだ。

 

「官僚  転職」で検索かけまくり。官僚になろうと思った最初のきっかけは彼氏探しだったけど、やっぱり公務員の彼氏は嫌や…

 

今の彼氏と続くのが1番なのはそうだけど、暇すぎてもしもの場合を考えまくる。