ひつじの窓

物語とか思ったこととか

d-2 切り替えて

日々のストレスが体を蝕んでいくのが手に取るように分かる。恋愛についてひたすら悩んだ結果、全ての選択肢を切り捨てた。無理かもと思ったら潮時だ。他の人が耐えられないような理不尽な状況でもわりかし耐えることが出来るこの私が無理かもしれないと思うのは相当だ。いや、きっと相当やばいのはこの私なんだろう。結婚は向いていないのはもうよく分かった。誰も私が理想とする人物ではない。理想が高いと言われればそれまでだけど、そんな高いつもりはない。明らかにいつも何かがおかしいのだ。友達や恋人は自分の鏡なのだろう、これからはもう少しまともに生きていきたい。優しい人のことは傷つけまいと軒並み振ってきたことに後悔する日が来るのであろうか。所詮釣り合わない身である。そして既に後の祭り状態だ。せめて日本経済を活性化し、私以外の若者が幸せに暮らせる環境を提供できるような人生を歩みたい。